=お知らせ=

えー、皆様。
ご無沙汰しております…。

僕「…。」
お「…。」

大変にぃ〜ご無沙汰しております。

僕「……。」
お「……。」

そんな訳でして_

僕「…。(どんな訳よ?)」
お「…。(イラッと)」

下記サイトに色々とまとめてあります。
活字だけのサイトになりますが、これまで書いたモノだったり何だったりと。
まぁお茶を濁す程度に楽しんで頂けたらと思う次第です。

僕「…よろしくお願いします」
お「…します」

m(_ _)m
よろしくお願いします。↓

https://kakuyomu.jp/works/4852201425154952274

[PR]
# by ohutonkozou | 2016-03-01 19:51

=お知らせ=

そうそう。
すっかりここでお知らせするのを忘れていました。
お布団小僧の公式Twitterがあります。
よかったら、こちらも合わせてどーぞ。

僕「よろしくおねがいします」
お「します」

Twitter→『お布団小僧と僕のこと 公式の事』
[PR]
# by ohutonkozou | 2014-11-11 22:20

#29 偉人の日

ブログを途中で放り出しています。
続きモノな感じで、いえ、現に『つづく』と文末に書きましたが_

な・に・か・も・ん・く・あ・り・ま・す…?(肉迫)

_僕もお布団小僧も、開き直っています。
メロンなど、とうの昔に食べてしまいました。
完熟でしたので、早めのお召し上がりをと言う訳です。

なので今日は、細かい事は気にせず(本当に細かい事なのだろうか?)、また適当に日記を書こうと思っている次第です。
ではいきます。

そう。
あれは、今日の夕方の事でした。
公園から帰ってきたお布団小僧は、どこか不機嫌な様子でした。
そして_

お「くっそぉ〜…」
摩ってるオデコには、大きなタンコブ。

僕「どしたの!?」
晩ご飯の支度もそっちのけで、僕はお布団小僧に聞きました。
でもお布団小僧は、心配する僕を気にすることなく、そそくさと服を脱ぎ、お風呂に入る準備をしています。

お「う〜…もんもんっ!」
悔しさが抑えきれないと言った様子で、裸のまま鏡に顔を近づけては、額のオデコを眺め地団駄を踏んでいます。

お「…ぶたれた」
僕「だ、誰に!?」
お「どびっしー!」

へ?

僕「ド、ドビュッシー!?」
エプロン姿で唖然とする僕を避けるように、お布団小僧は浴室のドアをバタンと閉めました。
磨りガラスの向こうから、シャワーの音と同時に湯気が立ち上ります。
そして_

お「くそぉぉぉぉ!」
お布団小僧の悔しそうな雄叫びが、浴室内に響きました。

…。
……。
………。

僕「…。」
きっと妖怪と言えど、男の子には色々とあるのでしょう。
でも…色々とあり過ぎな気が、しないでもないです。
ただ、今の僕に言えることは_

お「よーし… つぎは まけない!」
僕「…。」

食卓で、シャモジ片手にリベンジを狙うお布団小僧に、大人としてしっかり忠告してやる事くらいなモノです。
そして_

お「これで まけないよね!?」
僕「いいから…」
お「まけないよね!?」
僕「早くご飯よそって…」

炊きたての新米が冷えないうちに、さっさとご飯をよそらせる事くらいなモノです。
ただ_

お「あくえりえす のみたい」
僕「ダメ!」
お「なんで!」
僕「ご飯の時はお茶以外ダメ!」
お「イヤ!」
僕「ダメ!」
お「イヤ!イヤ!」

お布団小僧がどさくさに紛れて狙う、食卓ルール変更は阻止します。
[PR]
# by ohutonkozou | 2014-11-10 20:19

=次巻の日=

b0325109_205762.jpg


b0325109_20372682.jpg

最新刊『お布団小僧と僕のこと 〜花の事〜』(Kindle版)
遅ればせながら、制作開始!
[PR]
# by ohutonkozou | 2014-09-13 20:37

=宣言の日=

こんにちは。こんばんは。
相変わらずBlogの更新をしてなくて、ゴメンナサイ。
今日は告知ではなく、どちらかと言うと宣言、とでも言いましょうか。
そんな感じです。
つまり、何が言いたいかと申しますと…

Kindle版:お布団小僧と僕のこと
次巻の制作を開始します。
タイトルは—

『お布団小僧と僕のこと 〜花の事〜』(仮)

—と決まりました。
色々とあって、制作開始が遅れてしまったことを、ここにお詫び致します。

秋も深まり、いよいよこれから冬に向けて、と言う季節。
にも関わらずサブタイトルは『花の事』。
このちぐはぐさが、駄菓子文学だとほくそ笑んで頂けたら幸いです。

まだ少し、時間はかかるかも知れませんが…(えへ♡)

花 or DIE
パッと咲かせるのか、あるいは蕾で朽ちるのか。
僕自身にとっても色々な意味で大事に、しかし大急ぎで取りかからなければいけない作業となります。
みなさん—

僕「どうか僕にパワーを!」
お「ぱわーを!」

—応援の程、よろしくお願い出来たらと思います。
[PR]
# by ohutonkozou | 2014-09-13 19:58

妖怪達と暮らす 五流作家の 日々のこと


by ohutonkozou