#24『小話 夏の日』

毎日まいにち、うだるような暑さ。
クーラーをつけても、まだどこか暑い気すらします。
そんなある、夏の夕暮れの事でした。

僕とお布団小僧は、近所にある砧公園へ散歩に行きました。
夕涼み、などと言っては見たものの…
太陽が傾いても、気温は一向に下がる気配もなく。
ただただ蒸し暑い風と、ギラギラと鋭く照りつける西日に、僕達はすっかり参ってしまったのです。

このまま散歩なんかしてたら、溶けてしまう…
そう思った僕達は急遽、予定を変更。
静かに木陰のベンチでアイスを食べる事にしたのです。
その時でした—

お「…おぼうさぁーん♪… おぼうさぁーん♪」
僕「?」

ご満悦にガリガリ君(梨味)を舐めながら、お布団小僧がふと妙な歌を口ずさみ始めたのです。
お、お坊さん…?
何でしょうこの歌は。
季節柄もあってか、一瞬は怪談話かと思いましたが、どうも違ういます。
歌詞の割には楽しげなメロディーなのです。

お「おーぼーさぁーん♪おーぼーさぁーん♪」
僕「…!?」

あぁ。どこかでヒグラシが鳴いています。
大きなケヤキの木も、ようやく涼しくなり始めた夕方の風に吹かれ、ザワザワと夜の訪れを知らせています。
しかし…。しかし、です。
お布団小僧はガリガリ君の棒を咥え、ベンチで足をバタバタさせては—

お「おーぼーさぁーん!おーぼーさぁーん!」
僕「!!(怖)」 

妙な歌詞の歌を、元気よく歌っているのです。
いよいよ少し怖くなった僕は、その歌の意味をお布団小僧に聞こうと思いました。
その時です—

お「ちゅーぅ ちゅーちゅちゅ♪」
僕「!?」
お「なつのー おぼぉーさんー♪」
僕「…。」

…違う、お布団小僧。
『お坊さん』じゃなくて『お嬢さん』だよ。

ビキニを着たら、ある意味刺激的でクラクラしちゃうけど。
I も You もSCREAMだけど。
違うよ、お布団小僧。

オレンジ色の空は、いつしか紫色に染まり始めていました。
空にはすっかり、一番星が輝いています。

お「おぼーさぁーんー♪」
僕「…。」

東京は、しばらく暑い日が続きそうです。
かしこ

榊原郁恵:夏のお嬢さん
[PR]
by ohutonkozou | 2014-08-24 09:01

妖怪達と暮らす 五流作家の 日々のこと


by ohutonkozou