#25『小話 もっと夏の日』

誰もいない、夜の砧公園。
大きな木の下で、僕達の会議が始まります。

お「ちがう…?」
僕「違う…」
お「おぼーさん ちがう?」
僕「お嬢さん、だよ」
お「!?」

…青天の霹靂みたいな顔をするな、お布団小僧。

僕「分かった?」
お「おぉ!」

ようやく分かってくれた様で、僕も一安心です。
では改めて。
ちゅーぅ ちゅーちゅちゅ♪

お「なつのー おしょーさんー♪」
僕「…。」

おしい、お布団小僧。(結局、意味いっしょだし…)


榊原郁恵:夏のお嬢さん
[PR]
by ohutonkozou | 2014-08-25 09:00

妖怪達と暮らす 五流作家の 日々のこと


by ohutonkozou